★ 雨の物語・・・イルカ

      化粧する君の その背中がとても
     小さく見えて しかたないから
     僕はまだ君を 愛しているんだろう
     そんなこと ふと思いながら

          窓の外は雨 雨が降ってる
          物語の 終わりに
          こんな雨の日 似合いすぎてる



 
《み~ちゃん》

み~ちゃんは,さちの従兄弟の娘で大学生。
中学生の時,国で指定された難病にかかりその病気と闘っている!
この度足の手術をしたので昨日,おばあちゃんとお見舞いに行ってきた。。。
片足切断の危機だった。

さ 「こんにちは~」

み 「あっ!・・・もう来たん!」

さ 「早いじゃろう!・・・」

み 「今日ねお父さんとおばあちゃんが朝来てね,今度さちおばさん達がくるで!って
   言うたけど,今日じゃったんじゃね・・・あのねおばちゃんじぇんじぇん痛くないんよ!手術には3通りあってね・・・・」

と一気にしゃべり出した。。。どうやら切断は免れたらしい。。。でもこの先まだどうなるかわからない。
大きなギブスが痛々しかったけど,口調はとっても明るい!

わけあって,み~ちゃんが小学生の時両親は離婚・・・父親である従兄弟が子供3人を引き取りおばあちゃんと子育てに懸命だった。。。
難病と診断され時の悲しみは,タイピングしてても涙が溢れる。

従兄弟からの電話はただ一言 「お姉ちゃん・・・」 だった。。。

でも・・・み~ちゃんは大学生!愛くるしい表情は今まさに輝いてる!
     人の命が誰にきめられようか!!

さちおばちゃん!といきいきした声が何度も病室で響き,同室のおばさん達が微笑む。



[PR]
by sachi318s | 2006-09-28 13:18 | 独り言


★日常のことをつづります。。。コメントはお気軽にどうぞ★
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30